SubstanceDesigner 2017.1 新機能と使い方について

SubstancePainterの新機能に比べると分かりづらかったです
そもそも使ってない機能が多いので、この際覚えてみます

【目次】



スポンサードリンク

SUBSTANCE DESIGNER: REVAMPED BAKERS WITH SKEW CORRECTION!

https://www.allegorithmic.com/blog/substance-designer-revamped-bakers-skew-correction

What’s new in Substance Designer 2017.1

image

Bake"#"

新しいUIになった"#"

BakeするためのLowPolyとHighPolyを用意します

FBXに書き出します

image

新規グラフを作成します

image

モデルを追加します

Link > 3DMesh

image

LowPoly,HighPolyを選択します

image

LowPolyCubeを右クリック > Bake model Infomationを選択します

image

左から右へだったUIが、上から下になりました

左:SubstanceDesigner6 右:SubstanceDesigner2017.1

SubstanceDesigner6ではモーダルウィンドウだったので、メイン画面を動かすことができませんでした

2017.1から別々のウィンドウとして動かすことができます

image

BakeするためのHighPolyを設定します

Add High definition modelをクリック > Frome Resources…

image

HighPolyCube.fbxを選択 > OK

image

Add baker > Normal Map from Mesh

image

追加してから設定を変更することができます

image

Add baker Ambient Occlusion Map from Mesh

image

Baker ParameterでBakeの結果を調整することができます

image

Add baker > Height Map from Mesh

image

Bakeかなり時間かかるから、PNGで書き出しするなら、CompressionをNoneにすると早くなるよって言っている?

Edit > Preference

Projectsカテゴリを選択

Image Formats > PNG

Compression をDefaultからNoneに変更

OK

image

Render selected bakerをクリックします

image

Add bakerで追加した項目のマップがResourcesに追加されます

image

直角だと、平らになってしまう

image

少し山ができるように調整する

image

区切り目がでたが、中心以外は形が崩れてしまう

image

LowPolyを3D表示し、Bakeして作成したNormalMapをドラッグ&ドラックする

リストからNormalを選択すると、BakeしたNormalが表示される

image

Skew map"#"

Resourcesを右クリック > Bitmap

image

Skew_fx

2048x2048に設定

image

2DViewのBackGroundをクリックする

image

初回はファイルダイアログが表示されるので、BakeしたNormalを選択する

後からでもフォルダアイコンをクリックすることで、Backgroundを変更することができる

image

上のスライダーで、Backgroundの画像のAlphaを変更することができる

image

ペイントツールで、凹凸の箇所を塗っていく

image

BackGroundのAlphaをBackgroundが見えないぐらいにしたときに、凹凸の箇所が白く塗られていればOK

image

LowPolyCubeを右クリック > Bake mesh Infomation

image

Use skew corrrectionにチェックを入れると、Skew mapを選択することができる

Skew mapにSkew_fxを選択する

image

Render selected bakerをクリックする

image

6角形が中心同様に綺麗な形でBakeされている

左上と右下は中心が潰れてしまった(もともと角度が直角だったせい)

image

Average Normal"#"

Averaged NormalsとNon-Averaged Normalsの違い

image

Use skew correctionのチェックを外すと、Average normalsのチェックを変更することができる

image

SkewMapは部分的にNon-Average Normalにすることができる

image

左:Average Normal 右:Non-Average Normal

image

sbsファイルのXML化"#"

image

Resourceの別名保存"#"

別名保存"#"

3DView

Scene > Create 3D Resource From Current Scene

image

Resource Nameを別名(LowPolyCube02)に設定する

Resource LocationをSelect ParentでResourcesに設定する > OK

Create ResourceのOKをクリック

image

Resource already existsでNoを選択して別名保存とする

Yesを選択するとリネーム扱いになる

image

LowPolyCube02がResourceに追加される

image

3DViewの設定を変更して別名保存"#"

Camera > Edit Selected

カメラのプロパティを変更する

image

Scene > Create 3D Resource From Current Scene

image

Resource Nameを別名(LowPolyCube03)に設定する

Resource LocationをSelect ParentでResourcesに設定する > OK

Create ResourceのOKをクリック

image

Resource already existsでNoを選択して別名保存とする

image

オリジナルをダブルクリックして表示すれば、カメラの設定はオリジナルの表示になる

image

3DSceneの追加"#"

.sbsを右クリック > New > 3D Scene > Plane(hi-res)

image

Resourcesにplane_hiresが追加される

image

Cache Sizeの変更"#"

キャッシュのサイズを変更できるようになりました

Edit > Preferences

General > Misc

  • Thumbnails Cache Size

  • Images Cache Size

image

Frameを四隅からサイズ変更ができるようになった"#"

ノードを選択 > 右クリック > Add Frame

image

SubstanceDesigner6では、右下からのサイズ変更は出来ましたが、SUbstanceDesigner2017.1から四隅からサイズ変更ができるようになりました

image

CurveノードのMirror"#"

Curveノードを追加する

image

カーブを設定する

image

カーブ領域で右クリック > Mirror verticallyを選択する

image

カーブが上下反転する

image

カーブ領域で右クリック > Mirror horizontallyを選択する

image

カーブが左右反転する

image

選択したノードから新しいグラフを作成する"#"

新しいグラフを作りたいノードを選択する

右クリック > Craete Graph From Selection

image

Graph名を設定する

image

選択したノードで新しいグラフが作成される

image

Input Parameter"#"

グラフをまたいでInput Parameterをコピー&ペースト"#"

Input Parameterを作成します

BlendノードのOpacityをExpose

image

Input NameからNewを選択します

image

名前を設定してOKをクリック

image

設定した名前を選択してOKをクリック

image

グラフの空き領域をダブルクリックする

Input ParametersのFunctionのアイコンをクリックして、Copy Inputを選択する

image

別のグラフを表示する

Input ParametersにPaste InputでInputParameterを貼り付ける

image

Blendを選択してOpacityにコピーしたInputNameを設定する

別のグラフで作ったInputParameterを別グラフで使うことができる

image

Input Parameterのプリセット"#"

Switch to the preview Mode

image

Parameterを変更してPinアイコンをクリックする

image

Save this presetをクリックすると、プリセットが保存される

image

Parameterを変更してもう一つプリセットを作成する

プリセットをリストから選択することで、パラメータを帰ることができる

image

Manage presetsアイコンをクリックする

image

プリセットの変更や削除をすることができる

image

HBAO IMPROVEMENTS"#"

Ambient Occlusionノードの設定が分かりやすくなりました

image

Qualityを3種類から選べるようになりました

  • 4 Samples

  • 8 Samples

  • 16 Samples

image

PBR CONVERTER UPDATE"#"

BaseColor/Metaric/Roughness ConverterノードのTargetの種類が増えました

  • Corona 1.6+

  • Arnold 4(AiStandard)

  • Arnold 4(AISurface)

  • Render Man(PxrSurface)

image

image

Auto LevelsノードにあったQualityパラメータを削除して早くなりました"#"

The Autolevel node is slightly faster, now provides the best possible quality (the Quality parameter has been removed) and supports 16f/32f values: it will remap any HDR to fit the [0, 1] range.

image

総括"#"

SubstancePainterと比べると使い込んでいないと分かりづらいアップデートでした

InputParameterあたりは便利なアップデートだと思いました


スポンサードリンク