すべての人をクリエイターに電子工作します!

UE4 攻撃して樽を壊せるようにする

攻撃を実装しました
攻撃を実装するというだけで様々な要素が存在します

  1. 武器を作成する
  2. 武器で攻撃するモーションを作成する
  3. 武器を配置するソケットを追加する
  4. 武器で攻撃するようにアニメーションブループリントを編集する
  5. 武器で攻撃する際の音、攻撃されたときの音を作成する
  6. 武器で攻撃された側の処理を実装する

武器を作成するところから攻撃処理、攻撃を受ける側の処理まで実装したことを簡単に纏めました

【目次】



スポンサードリンク

剣で攻撃して樽を壊す"#"

今回、実装したことを一行で表すと以下のようになります

剣で攻撃して樽を壊す

樽については以前作った工程を書きました

樽(StaticMesh)を作ってみた
http://denshikousakubu.com/2017/05/05/20170505_SM_CreateBarrels/

1日くらい色々試行錯誤して考えましたが、一行にすると簡単そうに聞こえます

  • 剣で攻撃する = 剣、攻撃モーション、入力の追加
  • 樽を壊す = 樽を壊せるようにDestructible Mesh化、樽に攻撃を受けた時の処理を実装するブループリント化
  • 効果音 = 攻撃音、樽が壊れる音

樽を壊すとアイテムが出てくるとか考えると他にもまだまだ要素がありそうです

要素の分解"#"

実装する前に出来ることなら必要なアセット、実装に必要な処理を纏めると、横道にそれなくてすみます
プログラマの新人研修の時に一番初めにモジュール分割について教わりました
結合度の弱い実装を心がけると物事が終わりやすくなりました
http://www.kogures.com/hitoshi/webtext/kj2-module/

進捗何%なのかを出すためにも、何が出来ていて、何が出来ていないかを把握しておかないといつまで経っても完了しないです
まずは全体を把握し、機能を分けることで、作業を分担したり、何処から始めればいいかが分かります

必要なアセットについて

  • 剣のスタティックメッシュ(FBX)
  • 攻撃モーション(FBX)
  • 攻撃音(Wav)
  • 樽の破壊音(Wav)

image

UE4側に実装が必要な処理

  • キャラクターの攻撃入力追加
  • アニメーションブループリントの編集
  • 樽の破壊処理
  • 樽のDestructible Mesh化

image

アセット作成側の工程は以下の3工程になりました

  • 剣 Maya2017(Modeling,UV) > Substance Painter 2(Texture) > UE4にインポート
  • 攻撃モーション Maya 2017 > UE4にインポート
  • 効果音 StudioOne3(剣の攻撃音、樽の破壊音) > UE4にインポート

image

アセットを作成したらUE4側の処理を実装しました

  • キャラクターのスケルトンに剣のソケットを追加
  • キャラクターに作成したソケットに剣をアタッチ
  • アニメーションブループリントの実装(攻撃モーションの追加)
  • キャラクター側に攻撃の入力処理
  • 樽のDestructible Mesh化
  • 樽の破壊処理の実装

以下のサイトを参考に実装しました

【ソケットの追加について】
04 - Using Sockets

【攻撃モーションのアニメーションブループリントの設定について】

【樽のDestructible Mesh化】

剣のモデリングからUE4インポートまで"#"

出来るだけ早く作成することで、どのくらい時間がかかるかと、何に時間がかかっているのかを体感して結果を出してみました

下絵(5分) > Modeling(21分) > UV展開(39分) > Texture(12分) > UE4へのインポートしてマテリアル作成してプレビューまで(9分) 計1時間26分

UV展開にまだいろいろと悩んでしまうので、時間がかかってしまいました

アニメーションの作成"#"

セールの時に購入したDynamic Sword Animsetを参考に、Maya 2017で手付のアニメーションを作成しました
https://www.unrealengine.com/marketplace/dynamic-sword-animset

アニメーションも22フレームと少ないながらも、剣を1つ作るのと同じくらいの時間がかかりました
もっとクオリティを上げようとおもうと終わりがないくらいの時間がかかりそうです

効果音の作成"#"

StudioOne3のライブラリーから使えそうなループ音源がないか探して、使えそうな音源を探してみました
その他 > Effectに効果音がたくさんあったので、困ったときにはここから取ることが出来そうです
http://www.sonniss.com/gameaudiogdc2017/

image

GDC 2017で20GBの高音質の音源がフリー音源が公開されました
まだダウンロードできるので、ダウンロードした方がいいかもしれません
ファイルは2GBくらいに9つに分かれており、1つずつファイルをダウンロードすることになるので1日がかりになります

SONNISS.COM
[FREE DOWNLOAD]
THE #GAMEAUDIOGDC BUNDLE (PART 3)
http://www.sonniss.com/gameaudiogdc2017/

image

2016年度版(16GB)もダウンロードできます
SONNISS.COM
THE #GAMEAUDIOGDC BUNDLE – PART 2 –
http://www.sonniss.com/gameaudiogdc2016/#

購入したVSTPluginをノートPCに整理中です
KONTAKT 5についてきたMUTANTというアプリケーションがあると、沢山ある効果音を聞くのが楽になりました
image

総括"#"

割と簡単なことも調べてみると色んな要素があります
調べていることで時間はかかりますが色々なことが分かったり特典がもらえたりします
手を出して始める前に立ち止まって全体を見て、どうやって出来ているのか考えてから、行動に移すと割とスムーズに物事が進みます
客観的に見るのは難しいです


スポンサードリンク
UE4 揺れる草を作成する

  1. 1. 剣で攻撃して樽を壊す"#"
    1. 1.1. 要素の分解"#"
    2. 1.2. 剣のモデリングからUE4インポートまで"#"
    3. 1.3. アニメーションの作成"#"
    4. 1.4. 効果音の作成"#"
  2. 2. 総括"#"