MasterpieceVRで作成した3DモデルをUE4に取り込む

Oculus StoreでMasterpieceVRというVR空間上で3DモデルをZBrushのように直感的に作成できるゲームを購入しました

思いのほかサクサク動くので、今まで苦戦していたスカルプトがVR空間上だと簡単にできてしまいました

FBXでExport出来るようだったので、UE4にインポートすることが出来ました
カラー情報はテクスチャではなくVertexColorで出力されます。VertexColorをUE4で使う方法を教えてもらうことで解決しました。

HMDを被っていますが、目の前で形状がドンドンできていくのはすごい新鮮でした

Read More

UE4 リファレンスモデルを置いてスケールを合わせてモデリングする

授業用のアセット制作をしていると、UE4にFBXをインポートすると小さすぎるという問題がありました

MayaのCubeのデフォルトが1cm x 1cm x 1cmの立方体ですが、
UE4のCubeのデフォルトは100cm x 100cm x 100cmの立方体です

MayaのCubeの大きさをUE4と同じと誤認していた節があったり、見てみるふりをしてきました

少し落ち着いたので、モデリングの段階でスケールを合わせながら制作できるようにフローを考え直しました

Read More

SubstanceDesigner Stylized Rock material creation

前にこの動画を真似してみてすごい勉強になりました
StylizedGrassTextureCreation

もう一つ同じようにすごいスピードで出来上がっていくSubstance Designerの動画があったので、ずっとやってみたいと思っていたのがようやくできました

Stylized Rock material creation | Substance Designer

Read More

UE4 マテリアル体験 + マテリアルを編集するブループリントを作成する

SubstancePainterでOpacityとEmissiveが編集できるようになりました

生徒からも白い箱を作りたいといいう要望も出てきました

ちょうど基本機能を抑えられたので、マテリアルについて簡単にまとめてみました

FBX、テクスチャもダウンロードできるようにしたので、自習用に使ってもらおうと思います

Read More

続 SubstanceDesigner6 iPhoneで撮影した画像からタイリング出来るテクスチャを作成する

SubstanceDesigner6 iPhoneで撮影した画像からタイリング出来るテクスチャを作成する
http://denshikousakubu.com/2017/06/03/20170603_CreateTilableTexture/

記事を書いてから、正しい撮影方法を知ったので、撮影装置を作って撮影してみました
YOUR SMARTPHONE IS A MATERIAL SCANNER
https://www.allegorithmic.com/blog/your-smartphone-material-scanner

やはり、対象を動かさないで撮影すると本物の質感が手に入ります

Amazonの箱、両面テープ、アルミ箔を使って頑張って撮影装置を作りました

Read More

Mandelbulb 3dで作成したフラクタル3DをUnrealEngineに取り込んでみた

Mandelbulb 3dというフラクタルの映像を作るソフトを知り、3D出力が出来ることも知ったので、UE4に取り込んでみました

複雑な表現が出来るので、ちょっと不気味なオブジェを作る時に重宝しそうです

今後はUV展開の仕方など研究して、SubstancePainterで質感を付けたりしてみたいです

Read More